大切なペットに健康を。目の輝きを。 獣医眼科専門医がいる動物病院 安部動物病院

個人情報保護方針
病気の予防Q&A
去勢・避妊編
Q 去勢・避妊手術ってなに?
Answer
去勢・避妊手術とは外科手術で、動物の生殖能力をなくしてしまうことです。
雄では、睾丸を摘出する方法が用いられます。
雌では、卵巣だけを摘出する方法、および卵巣と子宮の両方を摘出する方法があります。
Q 去勢・避妊手術は何ヶ月から行えるの?
Answer
最初の発情がくる前に行うのがベストで、当院では生後6ヶ月を目安におすすめしています。いつまでにやらなくてはいけない、という期限はありませんが、病気の予防にもつながりますので繁殖する予定がないのであれば早めに手術することをおすすめします。
Q 手術のメリット・デメリットを教えて!
Answer
メリット
  メス オス
犬
乳腺腫瘍や卵巣、および子宮の疾患 (子宮蓄膿症など)の予防につながります。
避妊手術をしていない犬では乳腺腫瘍が高率に発症し、時には命を脅かすほど危険な状態に陥ることがありますが、初回発情前に避妊手術を行うことにより、その発症をほぼ完全に抑えることができます。
発情して人間に抱きつく、尿で家中マーキングする、他の雄犬とケンカするなどの行動を抑制することができます。
また、精巣腫瘍、肛門周囲の腫瘍、前立腺肥大、会陰ヘルニアなどの病気予防にもつながります。
猫
悩ましげな媚態といった問題行動がなくなります。
生まれてくる子猫の将来を心配する必要もありません。
猫自身、妊娠・出産・育児から解放されるため老化が遅くなり、子供っぽく無邪気な性質も長く保たれるようです。
乳腺腫瘍や、卵巣および子宮の疾患(子宮蓄膿症など)の発症を避けることができます。
鳴き声の減少、外に出なくなることによる交通事故の減少、雌を取り合うことによるケンカでのウイルス (FIV、FeLV)感染の可能性の減少などがあげられます。
尿スプレーもそれまでしていた猫の多くがしなくなるといわれています。 (手術すればすべての猫がしなくなるとは限りません。)
 
デメリット  
活動性の低下により肥満しやすくなることがありますが、
しっかり食事を管理すれば防ぐことができます。
Q 手術は予約制?どのくらい入院するの?
Answer
手術は予約制です。
犬も猫も雌の場合、1泊入院。雄の場合は、日帰りです。
猫の去勢手術以外は1週間後に抜糸します。
予約のお問い合わせの際には、「希望日」「担当獣医師の希望」「月齢」「ワクチン接種」についてお伺いします。
土曜日は担当獣医師が緊急手術がはいることが多いので、急を要さない場合はなるべく平日のご予約をお願いしております。
手術の前日は夜11時以降から、絶食絶水で来院してください。全身麻酔を行いますので、手術中に嘔吐して気道を塞いでしまうといったような事故を防ぐためです。
Q 犬の発情と妊娠について教えて!
Answer
発情は通常3週間位継続します。
生後8〜12ヶ月位から始まり、6〜12ヶ月の間隔で繰り返します。
交配をさせる場合は、発情から9〜12日に行うのがよいと思われます。正確には膣スメアー検査を行い、交配の時期を調べることが可能です。初めての発情では妊娠させないほうが望ましいでしょう。
妊娠期間は60〜63日位です。
30日以降に超音波検査を行い、45日以降でレントゲン検査を行います。

*5〜6歳を過ぎても妊娠させないのであれば、避妊手術をおすすめします。

Q 猫の発情と妊娠について教えて!
Answer
生後8〜12ヶ月から始まり、妊娠するまで発情を繰り返します。
兆候としては、「奇妙な行動をとる」「転がる」「尾を挙げる」「異様な鳴き声」などがあげられます。
妊娠期間は60〜63日位です。
Q 発情した猫ってどういう行動をとるの?
Answer
雌の場合、独特な大きな鳴き声で鳴くようになります。人や柱に体をクネクネとすりつけたり、床をころげまわって落ち着きがなくなります。
ウォーンというような甲高く大きな声で鳴き、尾の付け根を触るとおしりを持ち上げます。
また、おしっこの回数が増えマーキング(尿スプレー)をし、外陰部をしきりになめます。
雄の場合も、雌同様大きな声で鳴きマーキングの回数が増えます。
しきりに外に出たがり、外に出ると何日も帰ってこなくなったりします。
病気の予防Q&A(去勢・避妊編)ページのTOPへ
Copyright (c) 2008 Abe Animal Hospital. All rights reserved.