大切なペットに健康を。目の輝きを。 獣医眼科専門医がいる動物病院 安部動物病院

個人情報保護方針

こういうときは病院へ

大至急 すぐに病院へ連絡しましょう
至急 その日のうちに病院へ連れて行きましょう
様子確認 一晩ようすを見てみましょう
息をするのが苦しそう 大至急 呼吸時に変な音がする。息が止まる。舌が紫色になる。
  至急 呼吸は十分にできないが、水を飲んだり、食事したりはできる。(咳の有無)
血液が混じる 大至急 便、尿、嘔吐物に血が混じる。
  大至急 どこから出血しているかわからないが、シーツやタオルに血がついている。
分娩できない 大至急 胎児の頭や足が途中までしか出てこない。
  大至急 陣痛はあるが、1時間経っても胎児がでてこない。
  大至急 次に生まれてくる胎児が、2〜3時間経ってもでてこない。
トイレにずっといる 大至急 排便の姿勢だけで、尿あるいは便が見あたらない。
オスで尿が出ない場合は非常に危険。
痛がる 大至急 痛みが治まらず、激しく鳴いたり、背中を丸めたりする。
体のバランスがとれない 大至急 よろけたり、首を傾けたり、震えたり、けいれんしたりする。
歩き方がおかしい 至急 急におかしな歩き方をするようになった。
意識がなくなる 大至急 横になったままで、目が見えない様である。
発作、けいれんがある 大至急 口の中の粘膜が白くなっている。
  大至急 口の中の粘膜が赤くなっている。
10分程様子を見てもとまらない。
急に性格が変わった 大至急 見えないものに噛みつくようなしぐさをしたり、飼い主が認識できなくなっている。
激しいかゆみがある 大至急 しきりにかく、噛む、なめる。
  大至急 皮膚が赤くむけ、出血している。
かゆみがある 至急 かく、噛む、なめる、こする。
  様子確認 症状が軽く、続かない。
  様子確認 傷や出血、あるいは虫などは見られない。
体に穴があいている 大至急 体のどの部位(特に胸や腹は危険)でも緊急に連絡する。
中毒症状 大至急 中毒性のものを食べてたり、触れたりした。
外見的にひどい症状がある 大至急 眼球が飛び出ていたり、皮膚が裂け骨が見えていたりするなど。(出血の有無に関わらず)
嘔吐や下痢をする 大至急 まとまった血液や、異常な内容物が見られたり、痛みを伴う様子がある。
  至急 ごく少量の血液が混じっている。
  様子確認 1日1〜3回程で、継続しない。
ただし、血液、異物、痛みは伴わない。
何か飲み込んでしまった 至急 飲み込んだかどうか疑わしい場合も、早めに連絡する。
変な臭いがする 至急 いつもとは違う臭いがする。
  至急 発生場所は不明だが、変な臭いがする。
やけど、凍傷 大至急 体表の広範囲に火傷した(熱湯、ヒーター、化学薬品など)
寒冷にさらされた。
  至急 それほど広範囲ではない
傷や腫れ 至急 耳が切れている。
爪が折れている、出血を伴わない裂傷、原因不明の腫れなど。
多飲・多尿 至急 尿に血が混じる。排便のときに痛がる。尿の色がいつもと違う。
  様子確認 尿の量が普段よりも多い。
食欲がない 様子確認 1回食事を食べなかった(元気はある)。
こういうときは病院へページのTOPへ
Copyright (c) 2008 Abe Animal Hospital. All rights reserved.